映画感想、日々の雑記など書いてます。はじめましての方もコメントお待ちしていますっ。


by augleolabo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:映画( 84 )

「ライアー」

なんだか最近、文章の一発目が自虐的だなと思ったので今日は元気よく行きます。


「どうも~!!!augで~す!!!(○´∀`)ノ」



以上です。






今日は「ライアー」というティム・ロスの映画を見ました。
a0038661_18401264.jpg





娼婦殺しの容疑者として嘘発見器にかけられたティムロス。
心理学を学び高い知能指数を持つティムロスに翻弄される刑事2人。
何が嘘なのか。誰が嘘をついているのか。心理戦。






1997年の作品です。友達がティムロス好きだから勧められてたんだけど見忘れてました。



とんでもないことをした!



おもしろいの、これ。
例えるなら「ユージュアルサスペクツ」のような、何がなんだか混乱系。

メイン登場人物は3名。容疑者と刑事2人。
場面は主に取調室。すごくシンプルな構成だけど内容は緻密で、3人の演技力に引き込まれます。

誰もがついたことがあるだろう嘘。
IQが高い人の(151なんだって)嘘はアタシの頭脳ではただ傍観するのみ。
もしや・・・あれが!!なんて推理してる暇はない。
現在・過去とフラッシュバックにフラフラしながら見終わりました。

ティムロスの病的な演技は見事ですね、怖いもん。
「レザボアドックス」のクリスペンと「ボーンコレクター」のマイケル・ルーカー、娼婦役にレニー・ゼルウィガーも出てます。

頭を使う映画です、解釈は1つじゃないんだろうなぁ。



ちなみにティム29歳の設定だったけども、そこはどうかと思った。




ブログランキングに参加しています。毎回言いますが、クリックお願いします♪

゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:
[PR]
by augleolabo | 2008-08-29 19:13 | 映画

「ザ・シューター」

このブログのアクセス解析9位に「ジャンレノ 待ち受け」というのがエントリーしていました。
検索された方、お役に立てましたでしょうか・・・augです。
なんなら私が待ちうけを探してきます。ご一報ください。



今日見た映画は「ザ・シューター」です。

a0038661_18583867.jpg



見ての通り、ウェズリー・スナイプスです。同じタイトルでマーク・ウォールバークの作品もあるそうです。





CIA腕利きスナイパーだったスナイプスは引退し、静かに暮らしていた。
そんな彼の元へ1件の依頼が入る。現役のころに取り逃がしたテロリストの暗殺である。
厳重な警備のもと暗殺に成功するが、負傷してしまう。
身を潜めた部屋の隣に住む少女に助けられたスナイプスはこの計画の陰謀を知る。








暗殺者と少女というとなんだか「レオン」が浮かんできますがまた別物の話です。

「ブレイド」のような派手なアクションを期待して見たのですがアクション控えめな刀を持たないスナイプスでした。
彼は暗い役が似合うんですね。孤独という言葉が合うように思います。
ブレイドが一番彼の作品では好きですが、これもイイですね。
スナイプスの演技云々はぶっちゃけブレイドとあまり変わらない無愛想君ですが、
隣人の少女役の子(イライザ・ベネット)が上手です。


行動力もあって頭の回転も速い。
決して足手まといにならない少女が隣に住んでてよかったね!スナイプス!(*^ー゚)b


「300 スリーハンドレッド」のヘナ・レディも女刑事役で出ています。
今回は露出度低いです。別に期待してませんでしたよ(あたふた)


シリアスだけど、少女の爽やかさと、女刑事の美しさが色をさした作品です。
うん、そんなに悪くない。


一つ思ったことは




スナイプスのカウボーイハットは違和感あり





以上






ブログランキングに参加しています。
応援・冷やかしがてらクリックいただけたらうれしいです♪

(/。'(ェ)')よろしクマ
[PR]
by augleolabo | 2008-08-28 19:33 | 映画

「ハプニング」

褒められ慣れない女がフト褒められ、動揺してふざけた返事をしてしまいました。
これがモテない秘訣です。どうもaugです。褒められる免疫を付けたいのですが。


「ハプニング」見ました。M・ナイト・シャラマン監督です。
「シックス・センス」から全部見てます。
ラストの色んな意味での衝撃を味わいたくて全部見ちゃってます。映画館で・・・(笑)


アメリカからミツバチが姿を消すといった現象を皮切りに、人が次々を死んでいく。
テロだと避難する人々に混じってマーク・ウォールバークも家族と友と逃げ惑うも、死の原因がつかめない。
法則を見出すも、それもまた覆され・・・




賛否両論あるみたいですが、アタシは悪くない映画だと思います。
見終わってなんともいえない気持ちにさせるプロですね。
こういう気持ちになるのをわかって見るんですから、「おぉ~なるほど、なるほど。そういう理由にしたわけだね」と受け入れざるを得ない。


ジョン・レグザイモが出てるのでワクワクしたんですが、ちょっと老けましたね・・・。
そこもステキですが(*´∀`*)


次は誰が死ぬのか?とドキドキしてしまうなか、なぜかマーク・ウォールバークにはハラハラしないんですよ。
彼が死んで終わる映画がないからかな?
それともあまり恐怖感が彼からは伝わらないのかなぁ。



シャラマン監督は作品にヒッチコックのようにちょっと出演するので今回も探したんですけど、見つけられず・・・(*З*).....ン?

調べたら「ジョーイ(声)」と書いてありました。



あぁ。ジョーイね~!Σd(゚∀゚d)



・・・



ジョーイって?!(-ω- ?)





ブログランキングに参加しています。ジョーイを逃したアタシに救いのクリックお願いしますっ

押してください(*´∇`)ノ
[PR]
by augleolabo | 2008-08-24 23:54 | 映画
昨日の女子ソフトボールの金メダルで柄にもなく感動したaugです。
感動とはほど遠いのですが今日の映画は「ボーン・アルティメイタム」です。

a0038661_184439.jpg


あ、ちなみに画像をクリックしてもAMAZONには飛びませんのでお間違いなく。


ずっと見たかったんですよ~。これ。仕事がピークに忙しく上映を逃しました。
それだけ見たかったわりにはDVDになってから見るまで時間かかってますね。
はい、お察しの通りボーンは記憶から消えてました。


こないだ「ハプニング」を見ましてね、マーク・ウォールバーグの顔をみてマット・デイモンを思い出したんです。


ボーンシリーズ3作目ですね。


記憶を失って海を漂っていたところを救出されたボーン。自分の記憶をたどればたどるほど、大量の偽名パスポートや銃が見つかり、何者かに狙われる。
逃亡中出会った女性を愛するも「アイデンティティー」で失い気の休める暇もないボーン。
自分は誰なのか今度こそ見つけられるのか。
自分を狙う根源を断ち切ることはできるのか。





シリーズもので落ちることなく続く作品ってあんまりないと思うんですけど、これは面白い!
アクションシーンが迫力満点すぎで生き抜きもできないが、そのくらいじゃないと3にならないもんね。もったり説明されてもだれちゃうし。
出てくる人みんなプロだから戦闘も頭脳戦もムダがない感じ。
夜のシーンはとっても見ずらくて、目で追ってたら違う人だったってうっかりもしちゃったけど楽しめました(・∀・)



やっぱりボーンは不死身ですね。
カーチェイスでガッシャアーン!!ドカーン!!ってなっても平気。

だってシートベルトしてたもの。


骨ひとつ折れてないもの。道で転んでも折れる人は折れるよ。
そこはさすがなわけ。


だってシートベルト締めたもの。


乗ってたパトカーこっぱみじんだし、相手なんか銃を向けられてもグッタリして動けないほどやられちゃってるのにねぇ。
この時点でもう、相手側に勝機なし。



ミッションインポッシブルや007とはまた違ったスパイもの。
お色気ないし、登場人物ほとんど笑わない。
そんな中、ラストのあの人の笑顔は見ている側の気持ちを表現したって感じだし、4の伏線ともとれるし、お気に入りのシーンです。
ああいう終わり方なら4あっても変じゃないし、逆になくっても違和感ないし。




胸毛も白い歯の笑顔もないけど面白いスパイ映画でしたヾ(´▽`*;)ゝ"






ブログランキングに参加しています。クリックやコメントいただけたら喜びます!


[PR]
by augleolabo | 2008-08-22 18:48 | 映画
いつも300円以上する杏仁豆腐が138円に値下げしていたので飛びついたのですが、いつもの120円くらいの方がおいしい。またハズレてしまったaugです。こんにちは。


今日の映画は「ハンニバル・ライジング」です。
a0038661_15423215.jpg



「羊たちの沈黙」は誰もが認める名作ですよね。
関連作に「レッド・ドラゴン」「ハンニバル」があります。
この作品はレクター博士ことハンニバルがなぜあのような人格になったのか。
それを子供時代からさかのぼった作品です。




リトアニアの名門に生まれたハンニバルは戦争で家族を失い、そのショックで記憶も言葉も失う。ソ連の孤児院から逃げ出し、パリの叔父のもとへ。しかし叔父は亡くなっており、家には妻の日本人女性が住んでいた。
女性が受けた屈辱をきかっけにハンニバルの中の何かが目を覚ました






まさか、まさか、ハンニバルに関わる女性が日本人とは思いませんでした。
洋画に見る日本というのは中国・韓国が混じってること多いですよね。
忍者とか畳とかお辞儀とか。
その美しい女性の名前は「ムラサキ」。・・・式部から取った?

コン・リーが演じてます。
日本人を。
セリフが全部英語なので下手な日本語でむずがゆくなることはないです(^-^)

なんであんなに残虐なのか、人の肉を食べるのか。が判明します。





ここから少しネタバレします。






映画のポスターを見ていて、ハンニバルがつけてる面はなにかしら、「ハンニバル」で拘束されてた時にもつけていたアレかな?なんつーて思ってたんですが、映画見てたらわかりました。



鎧の顔の部分でした~!



ええ!ってなりますよね。そりぁなりますよ。
でも、ここはコン・リーっていう日本人の家なんですもん。
ハリウッド的日本人の家には、まずだいたい鎧があるんですもん。
そしてその前には日本刀が飾ってあるんです。

アタシがもしアメリカに住むことになれば家具の1つとして、テーブル・イス・鎧の3点セットをそろえなければ。



ムラサキ・コン・リーはハンニバルに刀の手入と剣道を教えます。
そしてムラサキ・コン・リーは寝るときシルクの着物。
ソファーで足組んじゃったりしてサービスも。
敵に連れ去られるときもこの格好のまま。しかしはだけない。
着付け教室行く前に、この着方も温泉に備えて習っておきたいところ。



そのきっかけを与えたのがムラサキ・コン・リーだとすると・・・日本人ってことになりますね。



アタシがムラサキだったら、間違いなく、ハンニバルに教えられることは雑巾がけのみ!

ブログランキングに参加しています。クリックをいただけると励みになりますっ!

クリックお願いしヽ(*ゝc_,゜*)ノます♪
[PR]
by augleolabo | 2008-08-21 16:30 | 映画

「NEXT ネクスト」

今日は叔母の供養に京都へ行ってきました。
シルクシフォンのショートパンツを履いたのですが、サンダルをミスって高いヒールで行ったんです。
案の定、砂利で足を取られ足首を酷使してきました。砂利道ではこけたくないaugです。ご機嫌いかがですか。


さて、だいぶん前にみたニコラスケイジの「NEXT ネクスト」です。

a0038661_2146741.jpg


そういや、ニコラスは「ゴーストライダー」以来です。

どちらもジャケットがなんとなく似てますね。
○どっちもなにか燃えている
○どっちもセクシーおねえちゃんがお側に
○どっちもニコラスは斜めショット

右ニコラスをご覧になったあとは反対側からもどうぞ。ってにくい演出ですね(違)。



予知能力を持つニコラスはその能力をマジックと称してラスベガスでひっそり働いていた。
が、FBI捜査官・ジュリアンムーアに見破られ、その能力で核兵器テロの逮捕への協力を要請される。
予知能力で自分がFBIに利用されると知ったニコラスは拒否し逃亡するも、テロリストに恋人ジェシカビールが捕らえられてしまい・・・






ちょっとネタバレしてしまうのですが、ニコラスの予知能力は2分前の出来事。しかも自分に関することのみ。
ラーメンもできない2分という短時間で恋人を助けられるのか。また核爆発を防げるのか。
とハラハラドキドキさせるわけです。


攻略に対する制限があって、どうラストをもっていくのかと時間を忘れてみることができました。
しがないショーマンという設定も見事なまでのニコラスのはまり役演技力で違和感なし!
アクションシーンもスピード感があって楽しめます☆
(ジュリアンムーアがFBIのわりにちょっと足遅い)
ジュリアンムーアもスーツがビシッと決まってかっこいい(・∀・)
銃を構えるシーンもかっこいい(・∀・)

ジェシカビールもかわいかったんですけど・・・やっぱりニコラスとの年齢差が気になる。
並んだ感じも・・・
年相応の男を振ってニコラスでよかったのか。年中無精ひげだよ。鼻の下も長いんだよ。
守ってもらう側のジェシカ・・・
彼女の肩幅を見ていると「ブレイド3」の弓を持って戦ってるほうが似合うような・・・
ワンピースより、パンツの方が。そしたら自分で脱出できたりして。



エンディングのとき劇場で「エエ-!」という声があちこちから上がったんです。
そんな感じの驚きのラストです。

アタシの感想

あぁ、そうきたか。そういう風にもってきたか。ずるいぞぉ、面白いからいいけど。








ブログランキングに参加しています。読んでいただいた後はポチっとお願いします。

押して!押して!八(^□^*) タノム!!
[PR]
by augleolabo | 2008-08-18 22:26 | 映画

「L change the WorLd 」

今年は何年ぶりかの花火大会に行くことができました。
美しい花火を目にし、心が洗われるようでしたが、ハート型の花火が上がった瞬間心が腐りました。復活ののろしをあげようか迷っているaugです。暑いですね。



だいぶ前に観たのを思い出しながら書いてみます。
もともとはコミックで読んでいたんです。
アニメになったと聞いてちょっと見たんですけど・・・さほど興味わかず。
と、いいつつLのDSゲーム持ってるんです。
言動に矛盾ありますが、お休みしてても根本は変わらないもんですね~(意味不明)


「DEATH NOTE」のスピンオフ作品でLが死ぬ前の23日間


ウイルスを開発しテロに使うって話ですか。
頭脳戦がLの武器だが今回は走ったりも。予告でも空港を走ってましたよね。
映画ってゆうより実写版Lが好きな人へのDVD特典って感じだなぁと思いました。
猫背を子供に言われて伸ばしたり、相変わらず甘いもの食べまくったり。

あぁ、そういえば幼少のニアも登場しました。メロは出なかったなぁ。
日本語がわからないのでほとんどセリフなかったですが思いっきり日本顔。
「グッドウィルハンティング」のマットデイモンのように人の問題を解き、サラサラと黒板に書いてました。Lじゃなくてニアが解くのか(゚ロ゚屮)屮



けっこう思ってる人多いと思うんですけど、FBIが南ちゃんでした。
なぜ南ちゃんだったのか・・・まぁ・・・うっちゃんでもどうかと思うけど。






ブログランキングに参加しています。読んだらクリックしてもらえるとうれしいです!
←ポチっとお願いします☆
[PR]
by augleolabo | 2008-08-17 20:54 | 映画
クリスティナ・リッチってけっこう好きです。
土屋アンナに似てますね。目のでかさとか、鼻の感じとか。

クリスティナリッチに惹かれて「ウェス・クレイヴン's カースド」って映画をみました。
途中にある「's 」ってなんだ?




「スクリーム」「ドラキュリア」の監督です。
ホラー専門の監督かと思ったら「ミュージック・オブ・ハート」も撮ったんですね。
ジャンル問わずとは・・・やりますな( ̄ー ̄)ニヤリッ



満月の夜に事故を起こし、女性を救助中になんらかの獣(?)に襲われた姉弟。
女性は惨殺されるが、姉弟は傷を負いながらも逃げ切った。
その日から徐々に体の異変が現れはじめる。

肉を好み血に反応。身体能力も上がり、セクシーでエネルギッシュに変貌(Yahoo!映画による表現)する二人は狼男の呪いにかかってしまっていた。






始まって15分でグロイシーンに悶絶!Σ(゚д゚lll)
クリスティーナの悪夢で気分不良(っ`Д´)っ・:∴


・・・ムリかも・・・もう見れない・・・


と、一時停止をしてしまいました彡(-ω-;)彡




でもこれはB級映画なんだ!B級に負けてたまるか!
邦画のホラーはムリでも洋画のB級以下なら・・・


でも、さすがB級。(←しつこい)
途中からコメディ要素+D級CGでおもしろくなってきました。
「アンダーワールド」の狼男に比べるとビニール感ビシバシ。狼か?熊か?
出てくるお姉ちゃんたち色っぽいし、弟はふざけてるのか天然なのか。


狼は犬のボスポジションなのか、主人公の家を取り囲み吠えまくる犬達に弟が遠吠えした瞬間
a0038661_1805787.jpg


かわいらしい瞬間


ま、まぁ、このくらいのホラーなら音量下げて時々一時停止すれば見れるのよ。
グロイけどね・・・
[PR]
by augleolabo | 2008-08-15 18:44 | 映画
今日は「トランスフォーマー」を見ました。
友達曰く「いいロボットと悪いロボットの戦い」です。

面白かったです。こういうの好きですね。頭使わなくていいし(笑)

黄色い車ってかわいいです。
黒いストライプが入っていてハチみたいだなぁって思ったらルームミラーにハチのマスコットがついてて笑えました。

主人公を健気に守る姿はターミネーターで、弾を避ける姿はマトリックス。配色的にはガンダムかしら。(白が足りませんけど)



町ボロボロですよ。日本でこんなにロボが暴れたら沈没しますよ。
そもそもロボットの言語は英語なのでコミュニケーションとれる人限られちゃいますけどね。
しゃべる時、くちびる(らしき部分)がちょっと尖る所がかわいかったりします。まばたきもするしね。って目渇くの?

トランスフォームしていく様はメッチャかっこいいです。

ストーリー的には最後は何がなんだか、誰がなんだかわからなくなりますがそういうのを求めちゃいけない映画だと思います。


ちなみに、昨夜は「龍が如く~劇場版~」を観ました。
ゲームを実写に移植したんですね。
元彼と一緒にプレイしてたんですが、映画を見てたらふと思い出す甘くほろ苦い・・・

The flavor of life~あぁあ~♪(宇多田)


桐生ちゃん(なれなれしい)は北村一輝であってたように思います。
顔濃いし。
でもゲームの方が面白いです。
映画の特典は真木蔵人が見れるってことで。
[PR]
by augleolabo | 2008-04-24 22:51 | 映画
どうしてこれを見たのか。
それは深夜のアタシに問わないとわかりません。
夜中にネットで「スケバン刑事~コードネーム麻宮サキ~」を見ました。

松浦あやはかわいいですね~☆
竹内力はオールバックの方がいいですね~☆

って感想だけではだめですか?



いまだにあるのか?スケバンって言葉。
アタシは「おまんらゆるさんぜよ」の南野陽子バージョンが好きです。
が、ゲスト出演は初代麻宮サキの斉藤由貴です。
斉藤由貴の娘があややという設定のようです。
父親は不明ってことですけど、そんなんキャスティングで誰だか読めてしまいます。

爆弾とヨーヨーの戦いで、びっくりするくらいみんな腹部に爆弾巻いてます。ぉぃぉぃ・・・
NYでFBIの手をやかすほどに凶暴なあややを竹内力が引き取り、スケバン刑事に任命するんですね~。
大の男達をボッコボッコにしちゃうんですが、刑事になったらめっきり弱くなっちゃうのね。
最初の強さでいったら敵全員楽勝のように思うんですけども。
ミニスカートだからかしら。
それともやはりヨーヨーが扱いにくかったのか?

すっごい強いんですけど、走ると女の子走りになってかわいいです☆
ミラジョボビッチのように怖い顔してガッシガッシ走りません。
そう思うとミラってかっこいい

石川梨華(字あってる?)も出てます。
最終決戦はお互い制服をボディスーツのようなのに着替えますが、あややのスーツはセーラー服のタイがついてます。
そこ、イラナクナイ?

いっぱい、つっこめる作品なんでそういった練習をされたい方は見てみるのもいいかもしれません(笑)

ちなみにアタシの親友はスケバン刑事のマンガ全巻持ってるそうです。
マンガじゃ、麻宮サキって死んで終わるんだっけ?


最近いろんな映画を見たので書くことなくなったら感想書こうかなって思います。
[PR]
by augleolabo | 2008-04-23 22:50 | 映画