映画感想、日々の雑記など書いてます。はじめましての方もコメントお待ちしていますっ。


by augleolabo
カレンダー

2005年 12月 31日 ( 1 )

やっと借りれました。
今年の〆はデンゼル様ですYO!

元CIAだったデンゼル様。今は酒びたりの日々。元同僚のクリストファー・ウォーケンのすすめでメキシコに住むダコタ・ファニングの家にボディガードとして働くことになります。
かたくなだったデンゼル様の心をダコタちゃんが溶かしていき、次第に心を通わせていきます。
ダコタの笑顔はデンゼル様をも溶かすのだ。
a0038661_16324290.jpg

いい絵です。

メキシコでは60分に1回、誘拐事件が起きるそうです。
R-15なんですが原因は誘拐のリアルさ。犯罪者の残虐さで指定がついたと思われます。
「ブレイド」のえぐさとは違います。だって生身なんだもの。
演技とは思えないですよ~、役者さん、本当に耳切られちゃったんじゃないの?!
って疑うほどの叫び声です。ひぃ~痛い(>-<)

ダコタちゃんも多発する誘拐に巻き込まれてしまい、デンゼル様の怒りは頂点に!
っといったところです。結末書いてしまいたいです。くー!
内容はよかったです。ラストがどうなるかは聞いて知っていたのですがそれでも面白かった!
時間があっという間に過ぎました。
原作があるそうですね。映画と原作のラストは違うそうです。
読んでみようかな。

クリストファー・ウォーケンも好きです。
この病的な色の白さ。冷たい眼差し。やや腹回りがぼってりですが役柄で太ったんですよね?!そうよね?!ウォーケン?!
a0038661_16403680.jpg

目の保養の2ショット

デンゼル様は映画はずさないですね~。苦痛で白目になる顔も渋いです。
「タイタンズを忘れない」のデンゼル様もステキですが
アフロです・・・
けど!「マイ・ボディーガード」は短髪です。精悍です!
普段着はガタイが引き立って(あたしも守って!)と取り乱します。
安っぽいスーツはちょっと微笑ましい。

しかし・・・〆にしては・・・ちょっと痛々しい映像をチョイスしてしまったようです。

これから母とおせちを作ります。
皆様、今年は訪問してくださってありがとうございました。
来年も(また覗いてやろうかな~)なーんて思っていただけるような日記を目指して頑張ります☆
いいお正月をお過ごしくださいネ!!ラブ☆
[PR]
by augleolabo | 2005-12-31 16:50 | 映画