映画感想、日々の雑記など書いてます。はじめましての方もコメントお待ちしていますっ。


by augleolabo
カレンダー

2005年 11月 21日 ( 1 )

またもやTUTAYAで新作を借りた私であります。
え~?キムタクが声優?と公開当初、いっちょまえに難色を示していた私ですが借りちゃった☆

キムタクかっこいい役ですね。台詞もいいですね。さらにキムタク人気が上がりそうな感じです。
ソフィー(少女の名前)は老婆になったとき夜出会ったらデター!!と叫んでしまいそうなほど魔女みたいな顔をしていたのに段々しわの数減って、ただ灰色の髪だけになってましたね。
荒地の魔女(美輪明宏)の恐ろしさでかすんでしまっただけではないですね。
まぁー、なんつーか、・・・恋をすれば綺麗になるってことですか?(照) 

性に合わないコメントを残してしまいましたが「あなた恋してるのね」と王室の魔法使いもゆっていたことですし大きく外れたわけではないでしょうね。
ハウル・・かっこいいです。弱さもあり強さもある。男性の時折見せる弱さは母性本能をくすぐりますよね。くすぐられちゃいました、まんまと。
「私あなたが怪物でも(化け物だったかも?)平気よ!!」とソフィー。
(私もよ!!)と私。恋ですね。
金髪のハウルは魔法だったのですね。魔法が解けて髪の色が元に戻り落ち込むハウルにソフィーが「また染めればいいじゃない」と。魔法ではなく毛染めですか?現実的で笑えました。

ハウルの弟子?の男の子がかわいいのなんのって。
台詞も顔もかわいい!町へ出るときは髭もじゃのおじいになるのですが声は子供。
「~じゃ」とあくまでもおじい役を貫くところがかわいい!「わしは魚が嫌いじゃ」とわがままをいうところもかわいい。
このかわいさは観ないとわかりませんYO!ぜひお店へGOしてください。

宮崎作品は絵の美しさ+脚本に定評がありますが久石譲の音楽も強みですよね。
もののけ姫ではサントラ買いました(笑) 今回は買いませんけどもし聞くことがあればハウルの城がガニガニと歩いているところが頭に浮かぶでしょうね。

宮崎作品のキャラクターは悪役でも憎めないキャラばかりです。
今回のキャラも全員好きです。炎ですら。かかしですら(笑)
借りてよかったと思いました。
[PR]
by augleolabo | 2005-11-21 22:40 | 映画